トラリピ

トラリピ初心者が学ぶべき専門用語

しろへびさん
しろへびさん
トラリピにチャレンジしようと思います。でもたくさん分からない言葉が出て来たので調べてみました。

トラリピは、FXの自動発注機能のことです。

おおまかにどんなことをするのか知っているつもりですが、勉強していくと専門的なワードに進行を妨げられがちです。

ぐぬぬぬぬ。な、なんだこれ?

知ったかぶりをして取引を行ったら損しちゃいそうなので、「こりゃいかん!とにかく勉強だ!」←今ココです。

僕は現時点ではトラリピどころか、FXがなんなのかさえ理解できていない素人です。取引をしたことも、FXで利益をだしたことも、口座すら開設していない状況です。→口座開設しました。

ゼロからお勉強を始めて、取り組んでみたいと思います。

長期的に、かつ負けないように細く長くトラリピに取り組んで行けたらいいなぁ!と考えています。

「短期的に利益を出したい!」

とか、「ちょろちょろやってらんねーぜ!」

という方には向かない内容ですし、超初心者ベースでブログを更新していくので多めに見てやってください。

トラリピとは?

トラリピ(トラップ・リピート・イフダン)とは、マネースクウェアさんが提供しているFXの自動注文方法のことです。

それぞれの言葉を繋げて、トラリピと呼ばれて親しまれています。

FXでは、通貨を安く買って、高く売るという方法で利益をえることです。

株や不動産と並んで人気の金融商材です。

先ず僕が困った用語を調べてあいうえお順に並べてみました。

トラリピ(FX)に関わる専門用語たち

日本語で書かれていても、全くの別世界の言葉の印象が強いです。

その為「自分で調べてアウトプットしていかないと覚えないんじゃなかろうか!?」と思いました。

まだまだ途中ですし、たぶん解釈が間違っています。

責任持ってお伝えできるようにしていきます。

ア行

〇赤残(不足金)→資金がマイナスになること。

〇逸失リスク→手に入れられず無くしてしまうリスクのこと。

〇インカムゲイン→金利から得られる利益のこと

〇Ask(買値)

〇FX→Foreign Exchangeの略。別の国の通貨の売買で利益を出すこと。

カ行

〇キャピタルゲイン→保有している資産を売却することで得られる売買差益のこと。

サ行

〇塩漬け→損切りせずに、損益を持ち続けることを指す言葉です。

〇証拠金→口座に入れておく資金のこと。例えば、30万を資金とした場合、半分の15万を運用に使っていくと損失が起きた場合でも冷静に対処できます。

〇スキャルピング→超短期売買のこと。すぐに取引をすることが望まれる場合に行います。

〇スプレッド→買値と売値の差額のこと。幅と呼ばれることもあります。

〇滑る→ロスカット後の大きな変動により、ロスカットが間に合わず損切したいタイミングよりも大きな損失を被る事。1秒、0.1秒のタイミングで変化しているのでマージンコールに任せっきりだと起こり得るので注意したいですね。

これを防ぐためには、自分でニュースや経済の動きに目を配る必要があります。お勉強が大事ですね。

〇スワップ→交換すること。

〇スワップポイント→スワップ金利のこと。

〇損切り→取引で出た損を決済して確定させること。これ以上価値が上がらないな…というタイミングで行います。

〇損失→利益を失うこと。FXでは、「損をする」ことです。

〇損失リスク→損失が膨らんでいくリスクのことです。放っておくと借金になってしまいます。

タ行

〇チャート→通貨の価値の上昇・下落の流れを示したグラフのことです。

〇通過単位→最低取引ができる通過の単位。それぞれ決まっていて、$¥なら一通貨一ドルになる。

〇通貨ペア→異なる通貨を組み合わせること。例えばアメリカ$とカナダ$を「買って売る」ことやもっている通貨を「売って買う」際に、異なる通貨をまとめて呼ぶ呼び方です。

FX会社によって通貨ペアを取り扱っている数と種類が違う為、どうしても決まった通貨ペアで運用したい場合にはよく調べるといいですね。

〇トラリピ→トラップ・リピート・イフダンの略です。

ナ行

〇値洗い→

ハ行

〇Bid(売値)

〇含み損→決済が確定するまでに発生した損のこと。

マ行

〇マージンコール(追証)→ロスカットのラインに近づいた時点で出す警告のこと。

ヤ行

ラ行

〇レバレッジ→自分の資金にてこを入れて、大きな取引をできるようにしてもらうこと。
「レバレッジをかける」という言葉の使い方をします。最大25倍までレバレッジをかけることができます。

どういうことかと言うと、10倍のレバレッジを1万円にかけると1×10となり、10万円までの取引が可能になります。これにより、資金が無くて手が届かないといった問題を解決できます。

しかし、レバレッジを効かせて、仮に損をしたとするとその際も10倍の損をすることになります。レバレッジを効かせる際には、「国の情勢などに気を配り、ほぼ勝算が見込める場合に使う方法である」ということを理解した方が良いかもしれません。

初心者がレバレッジ頼みの取引をガンガン発注することは、恐らくおすすめできないと思います…。

〇レート→

〇ロスカット→強制決済のこと。口座に残っている資金が一定以下になった場合、FX会社が「これ以上は大きな損失になってしまうので、もうやめさせよう!」として取引が終了し、決済になってしまうこと。

トレーダー(トラリピを仕掛けている人)に大きな損をさせないように守る仕組みですが、こうなると資金のほとんどが無くなりこれ以上売買を続けることができない状態を意味するのでロスカットにならないことが大事です。

〇ロスカットライン→各FX会社で違う。事前に確認しておくべき項目。

ワ行

 

まとめ

専門用語は、とにかく沢山あります。始めてFXに挑むぞ!という人は、意味が分からないと後になって大変なことになっちゃうと思います。

今後もたくさん追加できるように、データベース化していこうかと思います(‘◇’)ゞ

これからFX始めるぞ!という人の役に立てる記事を沢山書いていきたいと思います!

これからも宜しくお願い致します。

【おしまい】